<< 【秋の膳々】 : 【人気沸騰?西口・北口エリア】 ちーバル2017 >>

【下北ストーリーは大湊線にゆられて】 ぐるりんしもきたの旅

いかにも!というタイトルの由来は、この旅シリーズでおいおい解明されるとして、10月7日東北新幹線に乗り込んで八戸駅で乗り換えたのは・・・
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

のって楽しい「リゾートあすなろ 下北」。

下北半島の旅は7年ぶり、2回目である。
青森に生れながら、なかなか出かけることがなかった。
何しろ津軽と下北は遠すぎる。
でも国際都市成田からなら素直に出掛けられる。
だってボクは、旅人だからチョキ

ボクはさっそく弁当を広げる。

新幹線の中では「パンダまん」を頂いたので、ちょっと軽めの「海鮮小わっぱ」。
うに、いくら、カニ、あわび、小さい器にギッシリと!お得です。

旅に出るとどうしても食べ過ぎてしまうのは、いたしかたあるまい。
だって食べたい物がたくさんあるんですもの・・・

下北の旅での懸念は「足」。
半島の先まで鉄道は繋がっていない。
レンタカーでは大人の遠足の楽しみがない。
かと言って、他人をあてにはできない。
小さな頃から、他人に世話になるな、迷惑をかけるな!と厳しく躾けられてきた奥ゆかしい立派な大人なのだから。

するとひらめき

下北のホームページをみていたら、なんとバスの旅「ぐるりんしもきた号」があるではないか。
ボクは小躍りしたね。
これを利用すれば、念願の下北一周ができるとグッド

その喜びをFBにあげたら・・・

むつ市のFB仲間が「日曜ならドライブしますよ。なんだったら、土曜の午後からでも?」

他人に迷惑はかけられないが、申し出を断るのも大人げないわけで・・・

お言葉に甘えて、、、ポチッイヒヒ

リゾートあすなろ、ゆとりある席でのんびりと旅をする。

車窓からの景色は「リゾートしらかみ」には及ばないが、とても快適な旅である。

そしてあっという間の1時間半、終着大湊駅である。
この先にレールは無い。
そんな端っこの駅で、7年ぶりの再会である。
あらためてこの旅を振り返ると、たくさんの出会いがあった下北濃い物語はこの再会から始まるのだった。
さぁ旅に出ようぜ、出発進行!!!
 

JUGEMテーマ:旅行



 
07:53  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/8020