<< 【銀座裏路地 フレンチIJ】 : 【イルカの宙返り】 銚子電鉄の旅 >>

【下北ストーリーは突然に!】 ぐるりんしもきたの旅

ぐるりんしもきたの旅、観光名所ネタはまだまだたくさん残っていますが、別れは突然に・・・
 
お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

帰りの乗車は下北駅から。
そう、八戸のディープネタも同時に始めないと、薄らぐ旅の思い出ひらめき

全席指定のリゾートあすなろ
指定席券を買おうと窓口を覗いたら・・・
ご希望の席はありますか?と聞かれたので、
若くて可愛い女子の隣!と答えたら、

少々お待ちください?

ご希望にそえるかわかりませんが?と、一枚のチケットを渡された。

結局私の席の隣には誰も乗ってこなかったががく〜

出発前、FB仲間のツレ君から「昨日の夜入った悪女のママが同じ列車に乗りますよ!じゅずじさんのことも伝えておきました」と告げられた。

悪女のママ!?
きっと前日に伺った「うわさの悪女」のママであろう。
彼は得意がって教えてくれたのだが、私はママにお会いしていないのだ。
まさか見知らぬ女性に「悪女のママですか?」とも聞くわけにもいくまい。

ただ、たぶんあの方だろうなぁ?というイメージは残しておいた。

何しろ周りは重いリュックを背負ったり、遠くから来ました!感を漂わせている旅人ばかりだった。
そんな中、お洒落で様になっている方はお一人・・・

無口なハードボイルド(仮)を自称している私が、まさかナンパをできるわけもなく、そっと心にとどめておいた。

定刻に八戸駅に着いた。
私はここからさらに乗り換えるのだが、彼女も同じく乗り換えた。
そして本八戸駅。
彼女は誰かに連絡をとっているようだが、私は一人。
とりあえず世話になるホテルの位置をスマホで調べて歩き出す、何も告げることもせず。

八戸の繁華街もまた賑やかであった。

縁は異なもの味なもの!
出会いがなければ、別れもない。
思いでは作れないが、悲しむこともない。
知らぬが仏の浮世かな。

何しろ私は臆病者、、、的な、ポチッたらーっ

それがそれが、なんとなんと、驚くなかれの急展開!?
下北ストーリーは突然に!、、、総天然色で近日大公開!!
 

JUGEMテーマ:日記・一般



 
07:31  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。