<< 【でっかいネタの回転寿し島武】 銚子電鉄の旅 : 【七冠馬はシンボリルドルフ・・・】 >>

【尻屋崎には寒立馬】 ぐるりんしもきたの旅

尻屋崎ってのは物悲しさと逞しさが同居しているような・・・
 
本日も応援よろしくお願い致します  人気blogランキング

しばらく尻屋崎灯台の周りを散策していると、近づいてくるずんぐりとした馬。

この馬こそ、一度会いたかった「寒立馬(かんだちめ)」である。

なかなか精悍な顔立ちなのだが、足が短い。

下北の寒さにも耐ええるように改良された農用馬なんだそうです。

広大とはいえ、強風にあおられる岬の先端で、乏しい食料にもめげず耐える馬の姿は感動です。

これが冬ともなればさらに、、、ブルッショック
想像するだけで身震いがおきますが、なんとも温厚な馬である。

本州と北海道を行き来するフェリー。

さんふらわあ号を背中にのせてもピクリともしない!?

というか、いななきすら聞くことはありませんでした。
手馴れているのか、人間を完全無視しているのか、あくまで我が道を行く自然体。

絵になる風景。

下北の感動に記念の、、、ポチッ拍手

尻屋崎、来てみて良かった楽しい


 
08:45  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。