<< 【千葉で北海道だけど青森話】 in 北海道千葉駅前店 : 【毘沙門天の多聞寺】 in 隅田川七福神めぐり1 >>

【遠い約束 Long Good-bye・・・】(室積光)を読了!

僕の将来は、みんなとともだちでいること!
 
まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング
【あらすじ】
1933年、校庭の桜の根元に埋めた「私の将来」と題した作文。親友だった五人は、50年後に開封することを約束する。しかし、その誓いは無残にも戦争によって踏みにじられる。一人生き残った林健一は「記録係」として、事実を語り継いでいく・・・

 
昔から空気の読めない子は普通にいたよなー。

でも、その子をはじいたりはしなかったよなぁ。
幼い頃から近所づきあいもしていたし、その子のこともよく知っていた仲間が諭したり、守ってもやっていた。
もちろん、その子はそれが悪いことだとわかることはなかったのだが・・・

昭和八年、尋常小学校を卒業したメンバーが先生の呼びかけで学校の桜の木の下に集まった。

「私の将来」という文集を埋めるため。
そして五十年後に掘り起こすため。

医師を目指す優秀な者もおれば、優秀だけど貧しい家の都合で予科練にいく者、家業の炭家を継ぐ者、ちょっと空気の読めない子は、みんなの友だち・・・でいたい。

もう、その子の無邪気さには泣けるね。
そうだよなぁ、友達と言えるのは当たり前のことだったりして、口に出すのははずかしかったりする。
そんなことを平気で、素直に言える子、クラスにもいたなぁ。

そして体の弱い子が言う、みんなの記録係・・・

同級生は次々と戦争にとられていく。
軍医で、パイロットで、そして一介の兵隊で。

体の弱い子は役所に勤めて赤紙を家族に渡し、死亡届をそれぞれの家族に届ける役目を負う。

残された者のせつなさがジワジワと行間を覆いつくす。

戦争によって壊される絆はもちろんだが、現代の薄い絆にも一石を投じているのではないだろうか。
仮に、今戦争になったらこんな絆が作られるだろうか?
もとい、絆の薄い時代だからこそ戦争がないのだろうか?

考えさせられた一冊!に、、、感動のポチッ悲しい
 

笑を求めていた室積さんだけど、笑うところはなかったな。
泣き本です。
 

JUGEMテーマ:読書

評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス

18:20  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/8086