<< 【国士】(楡周平)を読了! : 【メリッサを探せ!】 in Bull's Black >>

【陸王ロス】

録り溜めしておいたTBS「陸王」を見た。
 
まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

最終話はすごかった。
タイトルコールまで15分、CMを挟むまで30分と、休憩をとる間もなくストーリー展開が早く、そして最後に向かって盛り上がっていく。

追い込まれた「こはぜ屋」と、万事大人の事情で追い込もうとする「アトランティス」。
はたして「フェリックス」はこはぜ屋のホワイトナイトとなりえるのか?
それともM&Aで利用されるだけなのか?

揺れ動く中、みんなの夢をのせてついに豊橋国際マラソンがスタートした。

陸王を履く茂木選手は勝てるのか、RIIを履く毛塚選手が逃げ切るのか!?

なるほど、走り方が違うわけですね
細かなところもちゃんとフォローしているのがすごい。

陸王」は池井戸潤さんの原作も読んでいましたし、評価も★5個だったので自分なりに思い入れも強かったのですが、いいドラマでした。

宮沢社長の葛藤が、起伏の揺れが、伝わってきてよかった。
そしてこはぜ屋の面々の会社を思いやる気持ち。
もちろんアトランティス側にも、それぞれの事情があるわけで、対比がとても楽しかった。

宮沢社長が言う・・・
挑戦しなけりゃ、負けもなければ勝ちもない。
何一つ成長せずにただ生き延びても意味がない。
おれは勝負したい。
挑戦するしかない!

よっ、社長!、、、お見事様のポチッ拍手
 

いろんな意味で考えさせられるドラマ。
やはり目標を持って、夢を語れる上司のいる会社は活気がある。
その点最近のオレ、悲観的な話をさせたらピカイチ的なサラリーマンショック
 

JUGEMテーマ:テレビ全般


 
07:52  Posted by juzji
テレビ番組 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/8156