<< 【酔夏、夏の終わりの立佞武多】 : 【季節を感じる秋の味】 >>

【一見ですが幸ノ家】 津軽盆ジュール番外編

話しは遡って8月14日、第12回五所川原オフ会の前の0次会。
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

夏休みをとっている者としては、時間を合わせて飲む必要もなく、どうせなら!と五所川原駅前界隈で0次会の店探し。

知らない土地でもないし、以前立ち寄って気に入った「魚酒房 おが」という店もあったはず。
だが、貸切なのか休みなのか、暖簾が出ていなかった。

そんな中で目についたのが「酒処 幸ノ家」。

すいません、お一人様で一見の旅人ですが30分だけ飲ませてもらえませんか?

快く、カウンターに通していただいた。

すぐにつまめるものって何ですか?

一人焦って騒いでいるオレがよっぽど面白かったのか、店のお姉様方がクスクス笑っている。

お客さん、どこから来たの?と聞かれたから、素直に成田から!と答えた。
間違いではない。

へば、おでんでも食べでったらいっきゃ!と、青森生姜味噌おでん。
なぜか津軽弁を素直に聞き入れてしまう旅人である。
味噌ダレは歴史をつないできた味らしい、こってりと甘辛で美味い!

こうして短時間ではあったが、青森の味を堪能したのであった。

幸ノ家様、本当にバタバタで失礼しました!、、、感謝の、ポチッひらめき


今度行くときは、ゆっくりと日本酒でも味わいたいものです。
 

JUGEMテーマ:日記・一般



 
07:45  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/8597