<< 【エスト!プロッシモで大人の悪巧み】 : 【さわやか自然郷とちぎり焼たら】 >>

【津軽鉄道で乗り鉄のプチ旅】

3月8日、一つ目のミッションをやり終え、五所川原市内の想い出散策も終えて一周したオレは、再びの五所川原駅前。
 

本日も応援よろしくお願い致します next 人気ブログランキングへグッド

JR駅の隣にある「津軽鉄道」である。

亡き父もこちらにはお世話になった。
若い頃は鉄道の職員として、そしてオレが物心ついた時には津鉄タクシーの経理を担当していた。

そんなことを思い出しながら駅舎に入ってみれば、名物のストーブ列車ではないが普通列車がちょうど出発時刻。
次の予定にはまだまだ時間があるし、久々に往復でもしようかと、券売窓口に行って「金木往復、立派な大人一名」とつげた。
すると、窓口の向こうから「金木の帰り、ストーブ列車に乗れますよー?」という返事。

どうやらオレを旅人と思ってくれたようだ。
まぁ、なぜかネイティブの津軽弁がわかる、、、旅人には違いないが。

走れメロス号に乗り込む。

観光列車とは違い、車内は静かなものだ。
列車はガタンゴトンと音をさせながら、奥津軽路をゆっくりと走る。
温もりのある春の日差しに照らされて、雪解けもだいぶ進んでいた。

もう1か月もすれば桜並木に人が群がるであろう、津鉄沿線。

香取慎吾の「キャンバス列車」が停まっているのは嘉瀬駅。

我が家のチャレンジレディばば様の実家がある駅だ。
オレがまだ車の免許を持っていない頃は、よくこの駅を利用したものだ。
もう、ほとんど記憶にも残っていないが。

時のうつろいと共に、、、ポチッひらめき


そして金木駅到着。

乗換時間はほぼなし、足をもつれさせながらダッシュ・・・
 

JUGEMテーマ:旅行


 
07:36  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/8939