<< 【アサヒ富士と濃厚チーズ】 : 【体組成計によると・・・】 >>

【アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン】(小路幸也)を読了!

人生においては、必ず節目というものがある。
それが出会いの場合もあれば、別れの時もある。
でもそれをきっかけにして、また新たな道が開かれる。
そんな節目が堀田家とその周りの皆さんにも・・・
 
まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング
【あらすじ】
一進一退を続けるボンの容態に、落ち着かない日々を過ごす堀田家。しかしトラブルが起これば、すかさず助太刀参上!進路に悩む研人に、「老人ホーム入居を決めてきた」と宣言するかずみ。そして長年独身を貫いてきた藤島がついに―。それぞれが人生の分かれ道に立った家族、でもつながっているのはやっぱり「LOVE」があるから・・・
 
家族が増えるにつれ、繋がりが増えるにつれ、サチさんのご挨拶が長くなりますが、それがまた楽しみなわけで。

ほぼ引退同然の女優・池沢さんに映画の話が舞い込む。
事情を全部知っている上で、池沢さんと青を親子として撮るという。
今まで、どこか一つ壁を感じていた二人の関係も、これをきっかけに真の親子関係が生まれてくるのかもしれない。
 
ボンさんが亡くなった。
悲しいことには違いないが、いつか別れはくるわけで、我南人をはじめLOVE TIMERメンバーとの出会いは彼にとってもきっと楽しい人生だったんだろうなぁ。
身近に"死"を感じて、優しくなれることもある。
見送った麟太郎と花陽の付き合いも、このことをきっかけにまたどんどん深まるんだろうなぁ。

春になったら、かんなちゃんと鈴花ちゃんの入学式だ。
この前生まれたと思ったら、もうそんな年月が経ったんですねぇ。
まったくのよそ者ですが、孫を身近にみるようで、いつも微笑ましく感じていました。
きっとこれから二人の周りにも、いろんなことが起きる予感!?
それはそれで、楽しみに見守っていきます。

かずみちゃんが家を出るってよ!
かずみさんと堀田家の繋がりはたしか「マイ・ブルー・ヘブン」で明かされていたと思いましたが、一家同然なのにどうして?
と思っていたら、どうやら目が弱っているらしく施設に移ると。
そうですねぇ、誰にでも起こる老化。
身寄りのないかずみさんの決断は重いものですが、実は・・・

出会いがあれば、別れがある。
でも別れは終わりではない、またそこには新たな道が見えてくる。

それも全部含めて、今回もやっぱりLOVEだったねぇ!、、、感動の、ポチッひらめき

あの独身貴族・藤島が結婚!?
スキャンダラスですねぇ。
いったいあの藤島にどんな心の変化が生まれたのか。
よくよく話を聞いてみたら結婚というのではなく、ビジネスとしても人生としても同じ道を歩むパートナーとしてこれから一緒に歩いていくんだそうです。
結婚をゴールとして考えるのではなく、その先・・・

よし!私も頑張ってみましょう、パートナー探し。。。
 

JUGEMテーマ:読書


 
07:52  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/9092