<< 【ふぞろいのチータラと蜂角鷹】 : 【総乃九十九里は夏】 >>

【ひかりの魔女】(山本甲士)を読了!

うちのばあちゃんって一体何者!?
 

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

 

【あらすじ】
浪人生の真崎光一は、一緒に住み始めた祖母が、方々で先生と慕われることに驚く。どうやら昔から色々な人を幸せにしてきたらしいのだ。実際、家族の抱える諸問題もいつの間にか解決してしまった。光一は目撃する。ばあちゃんの作るびっくりするほど美味しい料理や「優しいうそ」の力がもたらした信じがたい奇跡を・・・

このおばあちゃん、すげー!

何が凄いかって、"人"の本性を信じてるって感じかな。
とにかく面倒見がいい。
不良、やくざはもちろんのこと、イジメにあっている子に対しても、その問題の根本を見極めながら優しく接する。
時には小さな"ウソ"も。
そして、それぞれの潜在能力を引き出す。

武器は、そうだなぁ、、、田舎の手料理。
美味しいごはんと、イワシのぬかみそ炊きなどの総菜。
それが食べたくて、みんなおばあちゃんのもとに集まってくる。

そう、おばあちゃんは若い頃から書道の先生をやっていた。
そこに集う子供たちの面倒を見つつ、子供たちのやる気を後押しする。
まぁ、今でいう"こども食堂"みたいなものだろうか。

話は出来過ぎている感もないではないが、人の繋がりっていろんな意味で大切だと思わせる。
過去を大切にしておけば、自ずと今がうまくいく。

人の面倒見もよく、そして料理も美味い。
そんなおばあちゃんが、我が家にも欲しいもの・・・

あっ!
一人いた、我が家のチャレンジレディばば様。
近所の方に頼られ、こども食堂にもボランティアで参加し、オレの酒のツマミも喜んで作ってくれる。
ちゃんと感謝しなきゃな。

日々、ばば様に感謝の、、、ポチッひらめき

柔と剛。
このおばあちゃんと「ツボ押しの達人」を組み合わせた物語が読みたいものだ。
きっとさらに泣き笑いの日々が過ごせるはず!
 

JUGEMテーマ:読書



 
評価:
価格: ¥ 0
ショップ: ---

09:01  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。