<< 【貢物やら土産物】 津軽盆ジュール番外編 : 【十和田ってぇのはアートな街だな!】 津軽盆ジュール2019 >>

【とんかつTONTONでランチ】 津軽盆ジュール2019番外編

8月12日、早朝3時に国際都市成田を出発したじゅずじ家ご一同様が向かった先は・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します人気ブログランキングへ

十和田市の「とんかつTONTON」。

今回の津軽盆ジュールの旅は奥入瀬に宿をとったので、それまで十和田市内を観光しようという計画。
昼時にあたるので、名物のB級グルメ「十和田バラ焼き」でも食べさせようと思ったら、娘が一言「美味しそうなトンカツ屋があるよ!」だって。

予想だにしていない展開である。
いつもなら"どこでもいいよ"と適当に任されるのに、自ら進んで指定してくるとは。

どうやら食を含め、生活全般に変化をつけているらしい。

十和田市現代美術館から徒歩2分という立地。
店内は高級レストランを思わせるゆったりとしたオシャレな空間。
12時前ということですんなりと席につけましたが、その後は何組か待ちが続く人気店でございます。
 
そんな娘のお勧め、山崎ポークのロースカツ定食。

三沢で飼育されているというこだわりの豚である。

写真を撮る前にソースをかけてしまったのは失敗ですが・・・

サクサクの衣に、ジューシーな肉。
柔らかで、一噛みすると旨味が解放される、とても美味しいトンカツでした。

トントン様、大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッ!


なお、味噌汁が甘みを感じる優れモノでした。
という一言を添えて・・・
 

JUGEMテーマ:グルメ



 
07:47  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/9181