<< 【裏磐梯茶屋でモーニング】 五色沼で紅葉を探し隊番外編 : 【虹の湖のほとりで朝湯に朝酒】 ちょっといい青森旅番外編 >>

【逃北 つかれたときは北へ逃げます】(能町みね子)を読了!

逃北・・・
まぁ、私も幾度となく使っている言葉だが、まさか本があったなんて!
 

まずは来訪記念にどうかひとつ!人気ブログランキングへ


【あらすじ】
嫌なことがあった日。ヤケ食いとかカラオケとかフテ寝とか様々な解消法があるが、わたしの現実逃避は「北」へ向かうことだった・・・

 
じゅずじさんにピッタリな本がありますよー!
と、紹介してくれたのは今はなき青森好きのSNSアミーズのメンバーからだった。
 
北へ向かう。
だいたいのイメージは傷心だ。
もしくは、テレビドラマの殺人事件で犯人が逃げる場面か!?

この前、高橋英樹さんが”東北へは何べんも行ってます。ドラマで・・・"とおっしゃっていた。
まぁ、殺人犯を追う立場としては当然なのだろうが、そんなイメージ。

どんよりとした灰色の海。
雪深く、吹雪にまみれている土地。
自然豊かだが、朽ち果てた部落。
そして、吉幾三の世界・・・

マイナスをあげればきりはないが、実際住んでいた時はそれがとてつもなく嫌だった事実。

だが、しかし・・・

東北の祭りは熱い!
雪の止んだ青空は、どこまでも澄み渡って本当に気持ち良い!
四季がはっきりしていて、いつの季節でも楽しめる!

そんな青森が大好きなメンバーも仲間にいる。
そんな東北を楽しんでいる仲間もいる。

そう、逃北はいやしの町だ。
疲れたら逃げてくればいい。
美味しいものを食べて、旨い酒を飲んで、伝わらない言葉で大いに笑い、現世を忘れる。

そんな逃北に、、、、ポチッ!

↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと!
 

JUGEMテーマ:読書

18:18  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。