<< 【じゅずじを探せ!】 終了 : 【ガンダムねぶた】 >>

【図書館戦争】 有川浩 著

本ブログの皆さんが「いさぎよく」参戦されている、本…
ようやく、自分も参戦させていただきました 銃


序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!
狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!


面白いですねぇ!
時代背景とか、何かを訴える、だとか、そんなこたぁ、、、どうでもいい。
とにかく、面白い。
何しろ、文系筆頭?の「図書館」が戦うんでっせ!
「ペンは剣より強し」と言われていた時代もあったけど…
言葉の戦いじゃなく、本当に銃を持って戦う。
こんな笑える設定はないよねぇ。

はっきりいって、絵の無いマンガ本かな。
深読みではなく、単純にお楽しみください、ポチッm(__)m左斜め下左斜め下左斜め下

12:09  Posted by juzji
読書 : comments(6) : trackbacks(12) : 

COMMENTS

posted by   at 2007/09/01 1:22 PM
TBありがとうございました。
>絵のないマンガ本
まさにその通りで、テンポもよくおもしろくて読み出したらとまりませんでした。
posted by すずな  at 2007/09/01 1:54 PM
こんにちは。
「面白いっ!」まさにその一言に尽きますね〜!
ぐいぐいとのめり込んで読んでしまいました。
posted by juzji  at 2007/09/01 9:33 PM
■花さん
「郁」の健気さ?に大笑いでした。
そして、その気持ちを大切にしよう?なんて思っている回りの大人。
久々にキャラクターの妙を味わいました。
posted by juzji  at 2007/09/01 9:40 PM
■すずなさん
遅ればせながら、読ませていただきました。
本好きにはたまらない本ですね。
あれから図書館に行くたびに、館員を見る目がかわりましたから…(笑
posted by touch3442  at 2009/08/30 10:37 AM
じゅずじさん
おはようございます。
遅まきながらTBさせていただきました。
「絵のないマンガ本」、いやいや漫画でも、ここまでハチャメチャで楽しめる作品は、そうはないですよ。
妻も上の娘も、すっかり夢中です。
posted by じゅずじ  at 2009/08/30 9:29 PM
■touch3442さん
なんか、おじさん心もくすぐりますよねぇ(^^ゞ
昔を思い出して(笑
ぜひ、シリーズ読破してください!
 
 
 


 

TRACKBACK

<花>の本と映画の感想  at 2007/09/01 1:19 PM
図書館戦争
図書館戦争 有川 浩 メディアワークス 2006年3月 公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立。その検閲権に対抗する勢力となることを期待されて成立したのが「図書館の自由法」だった。笠原郁は、女性であ
たこの感想文  at 2007/09/01 1:29 PM
(書評)図書館戦争
著者:有川浩 図書館戦争価格:¥ 1,680(税込)発売日:2006-02 昭和
Bookworm  at 2007/09/01 1:52 PM
図書館戦争(有川浩)
久々に理性を吹き飛ばされたって感じ。 「半島を出よ」(村上龍)でも、「寝なきゃ!明日も仕事じゃ!」で(渋々であったけど)本を手放したのに・・・。仕事がどうした!そんなん言ってられるかぁっっ!ここでやめるなんて拷問じゃぁ!読み終わらないと寝れんわっ!ふ
ぱんどらの本箱  at 2007/09/01 3:23 PM
有川浩【図書館戦争】
血や汗は本の中だけ、平和で静かな読書人たちが集う図書館で、「戦争」とは何ゆえに!? 表紙イラストからして穏やかならぬこの本は、読んでみれば胸キュンの一大エンタテインメント小説であった。 公序良俗を乱し人権を侵害
しんちゃんの買い物帳  at 2007/09/01 4:33 PM
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争有川 浩 (2006/02)メディアワークス この商品の詳細を見る 公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」が施行された日本。 それに対抗するのは、図書館の自由を下敷きに作られた「図書館法
粋な提案  at 2007/09/01 8:57 PM
図書館戦争 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 「本の雑誌」の2006年上半期エンターテインメント第1位。 ―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗
本のある生活  at 2007/09/01 9:16 PM
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争 有川さんの作品は「海の底」とか気になりつつも未読でした。今回タイトルにひかれて(図書館ものに弱いのです)読んでみたのですが、おもしろかったです!図書館と戦争、文と武という一見対極にあるものの組み合わせに、はじめは意外性を感じたのですが、
まったり読書日記  at 2007/09/01 10:44 PM
図書館戦争 〔有川 浩〕
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02売り上げランキング : 5252おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するた
道草読書のススメ  at 2007/09/03 10:26 PM
『図書館戦争』有川浩
シェアブログ1152に投稿 ウチの本屋でも常時平積み、話題の本です。 舞台は、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として 『メディア良化法』が成立・施行された現代。 主人公・笠原郁は図書館に採用された新人
デコ親父はいつも減量中  at 2007/11/03 1:09 AM
図書館戦争<有川浩>−(本:2007年128冊目)−
図書館戦争 出版社: メディアワークス (2006/02) ISBN-10: 4840233616 評価:91点 (ネタバレあります) 評判になっているのは知っていたけど、なかなか読む機会がなかった本。 ようやく図書館で借りることができ、読み始めると、あまりの発想の突飛さと展開
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】  at 2008/06/12 11:46 PM
有川浩 『図書館戦争』を読む
「図書館戦争」有川浩/著(メディアワークス刊) 一、図書館は資料収集の自由を有する。 二、図書館は資料提供の自由を有する。 三、図書館は利用者の秘密を守る。 四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくま
生きることにも心急き、感ずることも急がるる…  at 2009/08/30 10:46 AM
『図書館戦争』有川浩著(メディアワークス)
 遅まきながら読みました。話題になっている『図書館』シリーズ。  感想は、面白かった!  これまで読もうとしなかった自らの不明を恥じます。 図書館戦争著者:有川 浩販売元:メディアワークス発売日:2006-02おすすめ度:クチコミを見る 【―― 公序良俗を乱
TB URL :: http://juzji.jugem.jp/trackback/933