<< 【ばば様を囲んでダイニングヴィラ】 青森付き添い旅 : 【CHRISTMAS MARKET in アスパムに立ち寄って・・・】 青森付き添い旅 >>

【鶴の湯別館 山の宿で山の芋鍋】 晩秋の秋田ノープラン旅

乳頭温泉郷「秘湯 鶴の湯温泉」へ向かう途中、お食事もできます!という看板を見かけたので・・・
 

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します人気ブログランキングへ

11月17日13時、こちらもまた佇まいに趣が感じられる「鶴の湯別館 山の宿」。
 
昼時は過ぎていたのですが、若干のお待ち。

さすが山の中、必須アイテム。

待つこと20分、館内にある「お食事処 庵」へと案内される。

店内は結構広い。

それぞれ囲炉裏が据え付けられていて、情緒たっぷり。

オーダーは鶴の湯名物「山の芋鍋 A定食 岩魚の塩焼き付」。

じゅずじさんは車運転しないから、遠慮なく飲んでください!
そう勧めてくるのは、旅の付人ワミ君だ。
そこまで勧められたら飲むしかあるまい、日本秘湯を守る会限定というわらび座の「秘湯ビール」。

山の幸をツマミながら喉を潤す。

だが、これだけ品数があったらビール1本だけではおいつかない。
それを見越したのか、ワミ君が一言「秀よしもありますよ」。

さすが、気の効く後輩だ。
一応、夜のことも考えて遠慮はしてみたものの、秋田の地酒・鈴木酒造店の「秀よし 本醸造生貯蔵酒 瓢箪」。

秀吉といえば瓢箪、とても分かりやすい。
ちょっと時間がかかっていましたが、岩魚にもかぶりついて超満足。

山の宿様、大変美味しゅうございました。

そしてワミ君、ご馳走様ー!、、、感謝の、ポチッ!

↑↑↑↑↑
押していただけると、ネタ探しのはげみになります!
 

JUGEMテーマ:グルメ


 
07:22  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。