<< 【千寿恵で千葉の郷土料理】 : 【万事が十分によし・・・】 お正月を写そう2020 >>

【カザアナ】(森絵都)を読了!

AIに管理されるちょっと先の世界・・・

平安の雅な世界から一転、武士の世界へと変わっていく中で、面々と受け継がれていく"風穴"の使命とは!?
 

まずは来訪記念にどうかひとつ!人気ブログランキングへ

【あらすじ】
平安の昔、石や虫など自然と通じ合う力を持った風穴たちが、女院八条院様と長閑に暮らしておりました。以来850年余。国の規制が強まり監視ドローン飛び交う空のもと、カザアナの女性に出会ったあの日から、中学生・里宇とその家族のささやかな冒険がはじまったのです。異能の庭師たちとタフに生きる家族が監視社会化の進む閉塞した時代に風穴を空ける・・・

 
AIの進化にともない、どんどん画一的な社会になっていく。
過去例を引き合いに、正誤がはっきりしてきて曖昧さが無くなっていく。
それに従っていれば生きるのは楽なのかもしれないが、変化もなく喜怒哀楽は薄れていく。

そんな世の中を変えようとする過激派のヌートリアと、現実の窮屈さに変化を加えようとする入谷家&カザアナ、そしてあくまでも世の中をコントロールしようとする日本政府にアメリカ大統領も巻き込んで・・・

未来的な話ではなく、もう現実に近いお話。
面白かったです。

中国はすでに管理社会に匹敵する技術でコントロールしているようだし、その技術を導入しようとする途上国も多数。
まぁ名目は国民を守る!ということですが、国民を見張ると同義語。
利用の仕方によっては、どんどん息苦しさを感じる世の中になる。

もっとも、法律に従順な日本人にはむしろ適しているのかもしれませんが・・・

自由っていったいなんだろうなぁ?という素朴な疑問に、、、ポチッ!

↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと!
 

JUGEMテーマ:読書


 
評価:
価格: ¥ 1,870
ショップ: 楽天ブックス

18:20  Posted by juzji
読書 : comments(0) : - : 

COMMENTS