<< 【密にならずとも笑顔を絶やさぬエスト!】 オレ様流新生活様式 : 【ブルーな夜は流氷ドラフト】 オレ様流新生活様式 >>

【葉桜の季節に君を想うということ】(歌野晶午)を読了!

雨音を聞きながら早朝散歩中止と決め込んで、寝坊を楽しんでいたのに・・・
久々に大きな地震で無理やり起こされました。
 
ということで、今朝は本ブログ。
 
素人探偵のもとに持ち込まれた霊感商法事件の意外な顛末・・・

まずは来訪記念にどうかひとつ!人気ブログランキングへ

【あらすじ】
「何でもやってやろう屋」を自称する元私立探偵・成瀬将虎は、同じフィットネスクラブに通う愛子から悪質な霊感商法の調査を依頼された。そんな折、自殺を図ろうとしているところを救った麻宮さくらと運命の出会いを果たして・・・

 
そういう意味だったのね"葉桜"
てっきり若者の恋愛話のゴタゴタだと思ったら・・・

最初からセックスシーンだよ!
会話のテンポもそれなりに若い!
真っすぐな直情型だし!

結果、読み返してみた。
確かに"援助"という言葉とかはあったけど。
そんなのは軽く飛ばしていたわけで。

それが"妹の孫"?
おいおい、君はいったい?
頭が大混乱しちゃいますって。

でも、教えられますねぇ。
老後の生き方。
いや、老後と言っちゃいかんのだな。

やる気があれば年齢なんて関係ない。
恋愛は若者だけに与えられた特権じゃないさー!
桜は無理でも葉桜なら。

大どんでん返し。
ただただ驚きの面白さに感動の、、、ポチッ!


オレへのメッセージが隠されていたと勝手に解釈して読み終えた。
この本を教えてくれた女史に励まされたようなものだ。
まだまだ頑張りが足りねーなぁ!と。
 

JUGEMテーマ:読書


 
07:42  Posted by juzji
読書 : comments(0) : - : 

COMMENTS