<< 【ばば様と行く、日本寺あじさい庭園】 多古あじさい寺 : 【海っぺりで天然磯がき】 飯岡じゅず路散歩 >>

【昭和の営業マンには辛すぎる、アフターコロナ・・・】 オレ様流新生活様式

靴をすり減らし、足で稼ぐ昭和の営業マンとしてはかなり厳しい時代になりそうだ。
近くまで来たので!とか、ご機嫌伺いに!とか、何か仕事ありませんか?とか、不要不急の対応は難しいかもしれない。
何しろ相手はテレワークだったり、必要ある打合せ以外は出入り禁止とか言われている。
これからは、意義ある情報を流したり、商材を作ってユーザーから声をかけてもらうしかないということではないだろうか。
そういう発信をしないと、新規ユーザーも取り込めないということだろうなぁ。
 

一日一回のポチッ、よろしくお願い致します人気ブログランキングへ

WithコロナからAfterコロナでどう変わる!?

これは我が社だけではなく、飲食店も同じだろうなぁ。
団体行動が制限され、夜の街を店探ししながらうろつくことがなくなる。
行ってみたい店、食べてみたいものなど、ピンポイントな情報が求められる。
としたら、イベント参加や情報の配信、"ともだち"のつながりなどが重要になるんだろうなぁ。

あっちをフラフラ、こっちをウロウロしながら、新規開拓していた時代が懐かしい。
"無駄も経済"なんていう言葉は死語になるのかもしれない。

ということで、マニュアル制作に携わって35年「デジタルドキュメントパートナー NA-MU」の商材をまとめてみました。
DTP業務はもちろん、多言語翻訳、文書の電子化からテキスト入力まで、幅広く対応させていただいております。

興味のある方は電話でもメールでもぜひお問い合わせください。
足で稼ぐ昭和の営業マンが直接訪問させていただきます!

と、一仕事終えた夜は岡山県のお酒、辻本店の夏酒「GOZENSHU9(NINE)ブルー・ボトル」。
これ、純米酒なんだねー。
オシャレすぎて、思わず手に取ってみた、いわゆるジャケ買い!

当たりです。
なんの引っ掛かりもなくススーッと喉を通り抜けれる透明感。
酸味を感じながら、爽やかでスッキリした味わい。
 
旨味充実な、、、ポチッ!


今宵のツマミは、成城石井の「ピザ風味炙りチーズ」。

絡みつくようなネットリ感。
お口の中でネットリとスッキリのコラボ!
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
20:45  Posted by juzji
もの想い : comments(2) : - : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2020/06/18 11:21 PM
中国地方は、
酒(純米酒)の神様と言われた方が指導した地域ですので、
いいお酒が多いと聞いています。
posted by じゅずじ  at 2020/06/19 7:48 AM
■あらいぶさん
そうなんですね!
中国地方はあまり飲んだことが無かったんですが、これから積極的に動きます。