<< 【ばば様と行く鹿島神宮詣で・・・】 : 【黄金の輝きRich Blended 8】 >>

【クスノキの番人】(東野圭吾)を読了!

その木に祈れば、願いが叶う・・・

 

まずは来訪記念にどうかひとつ!人気ブログランキングへ


【あらすじ】
その木に祈れば、願いが叶うと言われているクスノキ。 その番人を任された青年と、クスノキのもとへ祈念に訪れる人々の織りなす物語。 不当な理由で職場を解雇され、その腹いせに罪を犯し逮捕されてしまった玲斗。同情を買おうと取調官に訴えるが、その甲斐もなく送検、起訴を待つ身となってしまった。そこへ突然弁護士が現れる。依頼人の命令を聞くなら釈放してくれるというのだ。 依頼人に心当たりはないが、このままでは間違いなく刑務所だ。そこで賭けに出た玲斗は従うことに。依頼人の待つ場所へ向かうと、年配の女性が待っていた。千舟と名乗るその女性は驚くことに伯母でもあるというのだ。あまり褒められた生き方をせず、将来の展望もないと言う玲斗に彼女が命令をする。「あなたにしてもらいたいこと||それはクスノキの番人です」と・・・

 

久々の東野さんだけど、やはりうまいなぁ!とシミジミ。


"念"というテーマで、それぞれが抱えてる問題、課題を掘り下げる。


祈念、余念、無念、もちろん残念・・・


たくさんの"念"を抱える力のあるクスノキ。
便利だけかと思ったら、確かに掘り返されたくない話もあるわけで、葛藤とともに見えてくる人間模様。


人間、誰しも老いる。
悔いはなかったのか?
伝えておきたかったことは?


物は見ることができますが、心までは知ることができません。
本心、そして本質を知る。

 

最後は安堵の涙でしょうか、、、感謝の、ポチッ!

 

まぁ、知らなくてもいいこともいっぱいあるとは思いますが。
私としては、特に残しておきたい"念"はありませんけどねぇ。
 

JUGEMテーマ:読書

 

 

評価:
価格: ¥ 1,980
ショップ: 楽天ブックス

07:02  Posted by juzji
読書 : comments(2) : - : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2020/08/06 11:47 PM
なかなかの高評価みたいで、早く読みたいけど、
その前に立ちはだかっている本の山が十数冊・・・。
年末になりそう。(/_;)
posted by じゅずじ  at 2020/08/07 9:17 AM
■あらいぶさん
大丈夫です、本は逃げませんから―(笑