<< 【秋味は津軽の桃】 秋の貢物 : 【季節を頬張りながら琥珀の秋】 秋の貢物 >>

【任侠シネマ】(今野敏)を読了!

もう、このシリーズが好きで好きで!


阿岐本組長の男気に振り回されながらも、知らず知らずにはまり込んでいく代貸の日村をはじめ組員の面々。
今までも出版会社を再建したり、病院を立て直したり、荒れ果てた高校に輝きを取り戻したり銭湯に賑わいを戻したりと、任侠に良き日本のあり方を見せてきたものですが、さて今回は・・・

 

まずは来訪記念にどうかひとつ!人気ブログランキングへ


【あらすじ】
義理人情に厚いヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとには、一風変わった経営再建の話が次々と舞い込んでくる。今度の舞台は、北千住にある古い映画館!TVやネットに押されて客足が落ち、映画館の社長も閉館を覚悟。その上、存続を願う「ファンの会」へ嫌がらせをしている輩の存在まで浮上する…。マル暴に監視されながら、阿岐本組の面々は、存続危機の映画館をどう守る・・・

 

閉館しそうな映画館を再建させる?


確かに斜陽産業と言われて久しいですが、そんなにうまくいくものでしょうか。
でも話はそんな産業のことじゃなくて、裏にはもっと大人の事情がありそうで、その裏を手繰っていくうちに見えてくるもの。


しのぎ!
どんな仕事も一緒だな。
相手の弱みにどうやってつけこむか・・・


いやいやそうじゃなくて、お客様が悩んでいる課題にどう対処していくのか。
これにつきるね。

従来のようなキレは感じませんでしたし、感動もイマイチでしたが、組長の言葉には重みを感じます。


映画と映画館は別物。


時間を見つけて人が集まる場所に足を運ぶ。
それが、他人を知ることであり、社会を知ることの第一歩だと思うわけだ。
そして、それが、ひいては日本の民主主義につながるんだと思う


そうですねぇ。
"映画を観る"だけならテレビでもネットでも観れるけど、"映画館に行く"こととは違います。
たくさんの人がいるにもかかわらず、映画の世界にどっぷりとつかれる時間。
観終わった後の充実感。


そういえば、ここしばらく映画館にはいってないなぁ。
今はコロナ禍ですから、あまり人混みには行きたいと思いませんが、落ち着いたらまた映画館にでも足を運んでみましょうかねぇ。


今回もいい勉強をさせていただきました!、、、感謝の、ポチッ!

↑↑↑↑↑

ブログランキングに参加しています。
ひとまず応援のポチッと!

 

JUGEMテーマ:読書

 

評価:
価格: ¥ 1,650
ショップ: 楽天ブックス

09:14  Posted by juzji
読書 : comments(0) : - : 

COMMENTS