<< 【遅ればせながら、やってきました山川光男の夏!】 : 【ドン・ロメロでコロナ時代の営業戦略を考える・・・】 >>

【ビールの教科書を読みながらヱビス吟醸】

今日はビール好き女史からの貢物を読みながらお勉強。

 

ビールをもっと美味しくいただくために、どうぞ!
よかったら、私も後で読みます・・・

 

まずは来訪記念にどうかひとつ!人気ブログランキングへ

【あらすじ】
「ビールは人生に彩りを添える、偉大な発明である」。自ら工場を構えた経験を踏まえ、歴史、造り方、原材料、国ごとのスタイル、鑑定法など余すところなく解説。エールとラガーの違い、生ビールの「生」の意味、「キレ」「コク」の正体、そして何より、おいしく飲むために大事なこと・・・

 

オレをダシに使いやがって!

 

基本的にモルトがどうとか、ホップがなんとか、ラガーとエールって何?
ビールはやっぱり"生"でしょう!?
なんて思っている輩が読んでよくわかるか?と思いましたが、まぁ醸造家じゃないので化学的なところは省くとしても、ビールのことはまったく知らなかったという事実。

とりあえずビール!世代としては驚くことばかりです。

 

でも独特な日本のビール、ビール業界を否定するわけでもなく、広く扱ってくれているのはありがたいかな。
何しろ私は”ドライ”好き。

 

目からうろこの中で、"日本の繊細さ"を体現したサッポロビール「プレミアム YEBISU 吟醸」。

また、日本らしい立ち位置なんでしょうねぇ。
マーケティング重視の日本、それはそれで私は好き!
爽やかな香りに、スッキリした切れ味。
暑い夜にはピッタリだな。

 

何はともあれ、プシュッ!ぐいっ!ぷはーっ!、、、と、ポチッ!

 

本文にちょっと出てくる千葉市のレストラン「バーデン・バーデン」でドイツビールが飲みたいなぁ!
と思った次第。

 

今宵のツマミは大黒屋食品の「せんじ肉 豚ハラミ 黒胡椒」。

チョイと固めで、しばらく口の中に放置。
すると!
黒胡椒とみそをベースに、クセになる美味しさ、かな。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

20:10  Posted by juzji
読書 : comments(2) : - : 

COMMENTS

posted by あらいぶ  at 2020/09/02 10:28 PM
ビールにしろ、日本酒にしろ、またワインにしろ、
作り手の深い知識と情熱があるわけで、
それを学ぼうとすれば深みにはまる。
以前、日本酒に嵌まり、こだわった私のように・・・。(笑)
posted by じゅずじ  at 2020/09/03 9:12 AM
■あらいぶさん
オレは掘り下げる途中で投げ出しちゃう。
だから表面しか見えていません。
ついつい、ラベル買いに走ってしまう(笑