<< 【脱ガス欠飲料】 : 【図書館危機】 有川浩 著 >>

【人生って…そんなものさ(3)】

就職試験も無く、入ってしまったインテリア業界…(第2話)

研修後まもなく配属されたのが、開設されたばかりの千葉営業所。
所長も含めて7名の小所帯。そのうち2名が新人。しかも会社で借り上げたアパートに同居。これが、社会人生活の始まりです 拍手

今は知らないけど、この頃は配属されたと同時に、所長と一通り挨拶周りをすませたら、次の週からは一人で実践営業。
オレのテリトリーは、市原市〜木更津市〜館山市〜茂原市と「チーバくん」のメタボ一帯。
土地のシェア的には約半分。そこになんとユーザーがたったの6件。一日3件ずつ回って、週2〜3回も顔を出すと、もう会話がない。
 そうなると、時間が自由になる営業は…(以下略)

そんなみんなが考えてる不埒なことはせず、マジメなボク嬉しいは、なんと常に新規開拓。
道から外れた小さな布団屋さんだったり、畳屋さん、家具屋さん、いろんなお客さんと知り合えたのがこの頃。
国吉や興津のお客さんには「夕方来て、泊まってけ!」なんてことを度々言われて、思いっきり甘えてましたねぇ。いい時代でした。
そして1年が経った時には、6件が36件へ。新人なのにいきなり新規開拓トップ。
秘訣は?」と聞かれたので、「ただ、暇だったからです!」と答えた記憶 たらーっ

な〜んだ、千葉って、いいところじゃん…と思った27年前。
これが千葉に住み着くきっかけでした。
まぁ、人生ってそんなもんだベ、、、のポチッ 楽しい

そんな、やる気満々の新人時代、ついに転勤命令が…続く!
18:16  Posted by juzji
もの想い : comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS

 
 
 


 

TRACKBACK

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。