【切れ味鋭い日光一文字!?】

暑さ益々!となれば、冷酒に限る?
 
今宵も少し愛して、、、ポチッ  人気blogランキング

貢物の「激ウマ6本飲み比べセット」より、栃木県栃木市は北関酒造の「清酒 日光一文字」。

甘味を感じるのは糖類だから?
何となく、悪酔いしていた青春の想いがよぎる。

そんな甘味をなんとかせにゃ・・・

そう言えば「柳ばし 小松屋」さん が言っていた。
これ、しょっぱいですよー!って。

佃煮の「一と口あなご」。
季節限定でちょいとお高め。

あっ!穴子の味、でもマジしょっぱいモゴモゴ

こりゃ、酒が進むわ。
飲みきりサイズの日本酒が丁度いい塩梅で、、、ポチッたらーっ
 
進み過ぎるので、早々とご飯。

もちろん、ご飯も進み過ぎ〜イヒヒ
 

JUGEMテーマ:今日の晩酌


 
19:08  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(1) : 

【DOLAN'Sで決起!】 逃北飲みだオレの旅2017夏

あれから1週間・・・
7月8日16時、いよいよ逃北飲みだオレの旅本チャンが始まった!
 
お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

待ち合わせ場所は、弘前市代官町にオープンしたという「アイリッシュパブ ドーランズ(IRISH PUB THE DOLAN'S)」。

ドアを開けてみた。
さりげなくカウンターテーブルが置かれている本格的なアイリッシュ・パブだ。
結構広い。

仲間とも合流して、まずは再会のご挨拶。
「TEAMバルる」として一緒に行動するのは、2月の「あおバル」以来である。

その時、ウォー!という野太い声が背後から聞こえてきた。
何があったのかと、声のする方に顔を向けたら、ヨーロッパ系の大きな外人グループがこぶしを上げていた。
でかいテレビではラグビーが中継されている。

なるほど、本格的なアイリッシュ・パブだ!

椅子に座らず、立ったまま飲んでいる姿が絵になる。
あらためて店内を見回したら、日本人客はテーブル席で全員椅子に腰かけていた。

まぁ生活環境の違いであろう。
そのうち、慣れるさ・・・

さて、弘前バル街「ひろバル VOL.13」の下打ち合わせ。

今回は新しく参加しているところも攻めようという意見でまとまった。
もちろんTEAMバルるをひっぱるリーダーの絶対的な意見に逆らえるわけもないが。

ということで、前置きは長くなりましたが「TEAMバルる嬢 with β(ベータ)」。

いざ出陣!、、、の、ポチッ拍手

お腹を思いっきり凹ませてみたが、ポッコリお腹は中々思い通りにはならないらしいひやひや

なお、チームの写真は「カフェ山崎」様で撮影させていただきました。
カフェ山崎様はあらためてご紹介させていただきます。

JUGEMテーマ:日記・一般

08:21  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【日課・・・】

さぁて今日は嬉しい金曜日。
明日のことを気にすることもない自由な時間がこれから始まる・・・

今宵も少し愛して、、、ポチッ  人気blogランキング

60年の誇りをこめて、ニッカウヰスキーの「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」。

へぇ、ブラックニッカって誕生してから60年になるんです。
ほぼオレと一緒だとはびっくり

甘味を感じる。
飲みやすいから、かなり危険かもショック

ブラックニッカ様、、、祝杯!の、ポチッ拍手

まぁ週末だから特別ということもなく、酒を飲むのはほぼ日課ひやひや
今宵はヤマザキビスケットのクラッカー「ルヴァンクラシカル」に色々のせて。

やさいとさかなのシーセージ、ナッツ&フルーツ、生ハム・・・

サックサクでしっとり。
独り酒は楽しいなーイヒヒ

 

JUGEMテーマ:今日の晩酌

 

 

20:58  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(1) : 

【半忘年会という夜会】 in 割烹花長

「半期が終わったということで、半忘年会しませんかー」という意味不明なお誘いを受けた。

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング
受けてしまったなら段取りをせずにはいられまい、千葉市の奥座敷「割烹花長」のラウンジである。

何か忘れてしまいたいことや、やっかいなことでもあったのだろうか?

ということでこの日は淑女の皆様による、やっかい!ではなく夜会。

コースは女将のおまかせ「美味しい料理に合わせた旨い酒を味わおう会」第2弾!
いわゆる、じゅずじスペシャルであるグッド

前菜、トウモロコシに挟んであるのは海老しんじょ、もはや芸術ですなー。
梅の甘露煮は氷にのせて、とっても涼し気で爽やかでございました。
淑女の皆様、初めて足を踏み入れるとあって目がキラキラしていました。

最初は雰囲気に圧倒されていたようですが、日本酒の飲み比べが始まったころから壊れ始めた?

左から「福祝 特別純米」、「梅一輪大吟醸」、「醸し人九平次 純米吟醸 火と月の間に」熱燗
誰とは言えませんが、日本酒を独り占めしていた淑女様もおられたような。
器は誰が見つけてくるのか?

グラスはどこで買ってくるのか?

この小さなオクラは?

もちろん備品にも興味を持った皆様、あちらこちらをチェックしておりました。

そんな姿を横目に、カウンターではしっぽり・・・

一通り見学を終えた淑女の皆様への飲み物は、ちょっと酸味の強いフランスワイン「ドメーヌ・ラモネ ブルゴーニュ・アリゴテ 2014」ワイングラス

いつの間にか静かになったテーブル、どうしたの?と聞いたら、ちょっと大人の女ぶってみたんだそうです。

どこまではしゃいでいるのかひやひや

でもかなり満足いただけたご様子。

花長様、毎度のことながら大変美味しゅうございました!、、、感謝の、ポチッ拍手

ということで、じゅずじスペシャルは全部こみこみのお一人様8000円!

皆様も優雅なひと時をぜひラッキー
 

JUGEMテーマ:グルメ


 
07:40  Posted by juzji
ゆびとま・徒然 : comments(0) : trackbacks(1) : 

【ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン】(小路幸也)を読了!

いつものサチさんの前口上がないと思ったら、まだ生前のお話だったんですねぇ。
我南人と亡き妻・秋実との出会い・・・
 
まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
東京バンドワゴン第12弾!
70年代の東京を舞台に我南人(がなと)と亡き妻・秋実の知られざる出会いが明らかに・・・
 
見慣れない方々の朝の食卓を囲む姿が新鮮ですねぇ。
騒々しさは今も昔も変わっていませんけど。

それにしても衝撃的な出会いでした。
強面の方々に追いかけられている秋実さん、いや当時は高校生でしたから秋実ちゃんでしょうか。
そこに通りかかった我南人を含むロックバンドのLOVE TIMERの面々。
ケガをしていた秋実ちゃんを実家の古本屋「東京バンドワゴン」に連れて行って・・・

秋実ちゃんの生い立ち。
LOVE TIMERの成り立ち。
我南人と秋実ちゃんの共通の「友」。

まぁ偶然過ぎますが!と、本にも書いていますが、まるで神様が仕組んだ必然!?

勘一さんとサチさんの出会いもそうですけど、堀田家はかなり騒々しい出会いなんですねぇ。

さてさて、秋実ちゃんのことである。
なぜチンピラに追いかけられていたのか?
そこには友人思いで、責任感の強い秋実ちゃんがいるわけで、それが芸能界にも絡んでいるわけで、当然我南人が一肌脱ぐわけで・・・

やっぱりLOVEだねぇ!って八方丸く収まって、、、ポチッ拍手


秋実さんにはまた出てきて欲しいものです。

 

JUGEMテーマ:読書
 

 

18:10  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【ワインと愉しむオードブルセットと共に・・・】 逃北飲みだオレの旅2017夏

飲み倒れなんて、特に遠くまで行く必要はないが、誘われたら仕方あるまい。
何しろ、寂しがり屋のハードボイルド(仮)・・・
 
お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

7月8日(土)、オレは東京駅10:20発のはやぶさ13号に乗り込む新幹線

運よく2人掛の隣はまだ空席のまま。
上野か大宮辺りから乗ってくるのだろうか、もしうら若き女性だったら・・・

そんな妄想をしながら、さっそく「LUMIERE(ルミエール)」の封を切るワイングラス

朝からアルコール?
そう、旅先で車の運転は全く考えてないし、免許証すら持ってきてない。

すっきりとした飲みやすい赤ワインだ。
ツマミは、東京駅構内のRF1グランスタ東京店で買った「ワインと愉しむオードブルセット」。

旅の醍醐味はちょっとだけ優雅に!

それにしてもかなりの重量感だ。
ラベルをよく見たら、2人前とある。
まぁ、あまり気にする必要はないだろう。

通路を挟んだ席の、たぶん中国人と思われる方が不思議そうにオレを見ている。
何しろバタバタとセットしては、写真を撮りまくっていたのだ。
オレは笑顔を向けてやった。
そして、日本の新幹線はこういう楽しみ方があるんだぜ!と、心の中でつぶやいた。

写真は急ぐ必要がある。
隣の席が埋まる前はもちろんのこと、上野駅を過ぎて地上に出る前が勝負だ。
何しろ日差しが入ると、綺麗に撮れない。

東京駅では全国の駅弁も買えるが、それぞれのショップのオリジナル惣菜もまた楽しい。
特に呑んべぇにとっては、酒肴が揃えられるのがいい。

一通り美味しくいただいて一眠りしたら、あらためてランチ。
これはちょっと軽めに、同じくRF1の「もっちり玄米のライスロール」。

とっても豊かな食感だ。
グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)でサクッと流してやった。

新幹線で3時間ちょい、慌ただしくも美味しいひと時に、、、感謝の、ポチッ拍手
 

おっと、気付いたら八戸を過ぎていた。
前みたいに新青森駅が終着だったらゆっくりしていたれるが、北海道新幹線だと緊張する。
寝過ごしやしないかと・・・

危うく、オレのファンを逃すところだった、ZZZびっくり
 

JUGEMテーマ:グルメ


 
07:43  Posted by juzji
嗜好品 : comments(0) : trackbacks(1) : 

【不動純米大吟醸 一度火入れ無炭素濾過】 わらびの苦みと共に

日々暑さが続いていますが、今日のスッキリ!
 
今宵も少し愛して、、、ポチッ  人気blogランキング

国際都市成田の地酒・鍋店(なべだな)、インターナショナルワインチャレンジ金賞の「一度火入れ無炭素濾過 不動純米大吟醸」。

ふんわり!
まろやかなお味。
料理を優しく包むような心地よさ。
美味いラッキー

今日も一日おつかれさまー!、、、な、ポチッグッド
 

今宵、我が家のチャレンジレディばば様は二手間。
一皿は、苦味が旨味のわらびにちょいと辛子醤油をかけて。

先日いただいた山形の天然物と違って、ちょっと細いのが気になりますがひやひや
二皿は、タコの和え物。

苦味と酸味、大人の楽しみイヒヒ
 

JUGEMテーマ:今日の晩酌


 
21:29  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(1) : 

【柳ばし 小松屋】 柳橋おっ散歩

柳橋おっ散歩は天ぷらの老舗「柳橋大黒家」で少しほろ酔い気分ともなれば、お土産を物色したいわけで・・・
 
お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング
大黒家の向かい、柳橋たもとにある佃煮の老舗「柳ばし 小松屋」。

以前より、風情のある建物だとは思っていましたが、季節の佃煮 江戸の味!

江戸前の素材を十分に活かした佃煮が幾種類も。

この時期のお勧めは?と聞くと、天然江戸前の活け穴子の佃煮「一と口あなご」とのこと。

酒がすすみますよー!なんて言われた日にゃ、買って帰るしかあるまい。

ちょっとお値段もよろしいようで!、、、ポチッたらーっ
 

味見は後日ほどほどにイヒヒ
 

JUGEMテーマ:日記・一般


 
07:28  Posted by juzji
嗜好品 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【いきなり総集編】 逃北飲みだオレの旅2017夏

先週末、梅雨の晴れ間どころか気温がどんどん上がり、どこもかしこも夏日晴れ

お付き合いのポチッ、よろしくお願い致します  人気blogランキング

さらに国際都市成田は、朝から成田祇園祭でヒートアップ冷や汗

ならばひらめき涼を求めて逃北へ!?

飲みだおれともなれば、当然ながら朝から東北新幹線車中ではオードブルをつまんでワインワイングラス

到着早々、田舎館村の田んぼアートで観光客気分。

そして夕方からは、弘前市内を徘徊しながらの「ひろバル」参加。

0次会から反省会まで、なんと9軒もの梯子酒。
日付が変わる頃ホテルに戻って一休み。

翌朝は早めに行動しようとホテルを出たら、なんとホテル前に消防車の群れびっくり

大事にいたらなくてよかったです。

お昼はウニを求めて、浅虫の海へ。
夏の日差しをたっぷり浴びながら飲む昼のビールは格別ラッキー

すいません、うに丼いいですかー?

わいはー、たった今売切れだぉん!

えっ?

さざえ、あわび、ほたてならいっぱいあるけど・・・

さぁどうする、優柔不断なハードボイルド(仮)的じゅずじはどう決断するのか?
この旅最大の試練!、、、思案のしどころで、ポチッショック

ついでに浅虫水族館に立ち寄る。

最近お気に入りのスターバックス限定「津軽びいどろ」を作っている北洋硝子に行ってみたら、休館日。

そんなこんなの珍道中ひやひや

帰りの新幹線では、とちおとめアイスを食べようとしたら固すぎて歯が立たず。

こうして呑んだくれの一泊二日の旅ネタは、、、なんとかお盆までには終わらせたいと思っております。
どうかしばらくお付き合いくださいイヒヒ

JUGEMテーマ:旅行

07:48  Posted by juzji
 : comments(0) : trackbacks(0) : 

【迷子の王様 君たちに明日はない5】(垣根涼介)を読了!

変わりゆく時代を見据え、働くこと=生きることの意義を探す​!?

まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング

【あらすじ】
「会社を辞めて、これからどうするつもりなんですか?」リストラ面接官の村上真介が今回対峙するのは――鼻っ柱の強い美容部員、台湾に身売りした家電メーカーのエース研究員、ペースを狂わせる不思議ちゃん書店員。そして最後にクビを切られるのは、なんと真介自身!?

 
時代のうつろいは、ついにリストラ面接官にも・・・

企業からリストラ業務を請け負う会社の面接官・村上真介だが、自分の会社が廃業することで、自らもリストラに?

そういえばあれだけ騒がれた「リストラ」という言葉が、最近ではニュースになっていないですね。
大手の大量解雇というのがひと段落ついたからでしょうか。

そうなると当然、専門業務はなくなるわけで、ジリ貧の前に会社をたたむ。
潔い決断ではあるが、リストラをする側の真介がリストラに合って、次に何をするのか?

過去を振り返り、リストラした人がいまどうしているのかを問う。

もちろん大変な思いをしている人の方が多いだろうが、我が道を行く!人もたくさんいるわけで、あらためて感じるのは自分に何ができるのか、自分は何をやりたかったのか、そのために何をしていたのかが問われる時代になったんだということ。

日々、命令された仕事を淡々とこなし、給料は貰うもの!と思って働いている人は生きにくくなった世の中なんだなぁと。
でもそれはリストラに合わなくても、定年になっても同じことがいえるかもしれない。

先日、息子と話す機会があったが、時代の流れというか働き方の違いをまざまざと知らされた。
本書にも書かれているが「おれは、おれの時代しか生きられないさ」。
その時々で必要とされるものが違う。
そこにビジネスチャンスがあり、人の雇用も生まれる。
時代の先取りとは言わないが、常に情報には敏感であるべきなんだろう。
個の時代・・・

自分を磨け!、、、そんな思いで、ポチッショック
 

人間、その立場、地位にとどまっていてはいけないんだなぁと、60歳前にして思う。
部下も経験を積んできて、ほとんどオレの位置に並ぶまでになった。
その時に部下が思うのは、次に何を目指すのか?
もしオレがそのまま進化が無ければ、目標を失ったりもする。
その先にあるもの・・・
「その」方向性だけでも示さなければならないのかもしれない。

 

JUGEMテーマ:読書

18:16  Posted by juzji
読書 : comments(0) : trackbacks(0) :